kahimi karie
kahimi biographie photo
biographie

1968年3月15日生まれ。
'91年「BLOW UP」(コンピレーションCD/クルーエル・レコード)でデビュー。 '92年、マキシシングル「Mike Alway's Diary」をリリースし、本格的なソロ活動を始め、 '95年、マキシシングルを2枚同時発売。以降、 海外アーティストとの共同プロデュース作品を中心に数々の作品を発表する。 '98年、全米でベストアルバムが発売され、NYC を皮切りにUSツアー全17公演、日本でも待望の初ツアーを行う。98年のアルバム「K.K.K.K.K.」の発売に伴い、翌年2度目となる全米ツアー全9公演を行う。同時期、台湾・ 香港でもベストアルバムが発売される。
'03年アルバム「Trapeziste」をビクターより 発売、これまでにない作品作りで、また新たな世界を繰り広げている。5月には約1年半ぶりとなるツアー「Come Fly With Me」を行う。翌'04年3月にシングル「NANA」、5月 にアルバム「Montage」を発売。この年から菊地成孔氏や大友良英氏のソロアルバムやライブにも参加、翌'05年には菊地成孔氏のBlue Note Tour や、大友良英氏のユニットONJOの欧州ツアーにも参加、現在はONJOの1メンバーとしても活動中。8月にリリースされたm-floのアルバム「BEAT SPACE NINE」の楽曲「COSMO-NAUGHTY」で歌唱参加し、話題に。
'06年10月にモロッコで撮影された映像と大友良英氏とレコーディングした楽曲を収録したDVD「kochab」、大友良英氏、ジム・オルーク、ヤン富田氏との共同プロデュースによるアルバム「NUNKI」をリリース。これを機に’07年 東京"人見記念講堂"、京都"同志社大学 ハーディーホール”をはじめ、京都”法然院”、鹿児島"島津邸”彦根城400年祭/能楽堂でのソロコンサート活動や、サマーソニック、ライジングサンなどのフェスにも出演。
‘07年、ライブDVD、数々のアーティストと共演した楽曲を収録したコンピレーションアルバム「Specialothers」をリリース。他、「細野晴臣トリビュートアルバム」や日本の唱歌をカバーしたアルバム「にほんの歌」にも参加している。’08年、3月に東京文化会館、10月には鎌倉/妙本寺-/祖師堂でのソロコンサートも。
11月にリリースされた Victor 80周年記念となるコンピレーションアルバム「Music For Nipper 」のプロデュースを手掛ける。
6月9日に自身初作曲作品を中心に構成されたアルバム「It’s Here」をリリース(大友良英、ジム・オルーク、山本達久、山本精一 参加/敬称略)、9月3、4日にはビルボードライブ東京にて4年振りとなるコンサートを行った。

'96年パリに住まいを移すまでの1年半、NHKFM毎週金曜日OAの番組「ミュージック パイロット」のパーソナリティーを担当。そのほか、音楽誌や雑誌の連載と共に、映画のコメント執筆、ドイツ映画の字幕監修なども手掛ける。
近年では、NHKのTV番組「天才てれびくんMAX」のエンディングsongの作詞や、
CMソングの作詞・歌唱、ナムコのゲームソフト「みんな大好き塊魂」挿入歌の作詞・歌唱を担当。'06年 10月公開の映画「いちばんきれいな水」に初出演、7月からは世界と提携して行われているNGO団体の貧困根絶キャンペーン” ほっとけない世界のまずしさキャンペーン”に各界の方々と参加し、新聞、TVCM、ホームページ等に出演。’07年6月から1年間ジョンソン&ジョンソンのCMにも出演した。
09年9月放送のNHK ドラマスペシャル「最後の戦犯」、「白州次郎」に歌唱参加など活動も多岐にわたる。
現在、カルチャー誌やファッション誌、文芸誌などで写真&コラムや、執筆の連載(「MYLOHAS.net/ブログ」「SPUR.com」「Veggy Steady Go/ベジタリズモ」「nina's /にきたま」)等手がける。
結婚、長女の出産を機にオーガニックボディケア製品のプロデュースを手掛ける。2010年には初作曲作品を中心に構成したアルバム『It's Here』を発売。
翌3月には自身初となるエッセイ本『小鳥がうたう、私も歌う。静かな空に響くから』(主婦と生活社)を出版。

 

'92 - '94 「Mike Always Dairy」「Girly」「Karie on TV」(video clip) 
'95 - '97 「I am a kitten」
「My First Karie」「彼らの存在」「Good Morning World」
「ハミングがきこえる」「Le Roi Soleil」「Tiny King Kong」
「Karie on TV from TRATTORIA」(video clip)
「Larme de Crocodile」 (album)
'98 - '00 「One thousand 20th century chairs」
「once upon a time」「Journey to the centre of me」
「K.K.K.K.K.」「Tilt」 (album)
「a K is a K is a K」 (remix) 「K.K. Limited edition 2000」(special set)
'01 - '03 「My suitor」 (cover album) 「Trapeiste」 (album)
'04 「NANA」(single) 「Montage」 (album)
'06 「kochab」(DVD)「NUNKI」(album)
'07 「SPECIALOTHERS」(compilation album )
'07 「MUHLIFEIN」(live DVD )
'08 「Music For Nipper」(compilation)
'10 「It's Here」(album)
'11 「小鳥がうたう、私も歌う。静かな空に響くから」(エッセイ本)
'13 「ゲッツ/ジルベルト+50」(compilation album)
NEWS FROMK.K DISCOGRAPHY STORE PHOTO BIOGRAPHY LINK
  Copyright2005 by kahimi-karie.com All right reserved